最近、美容雑誌やインターネットでもよく取り上げられているルミガン、これはまつ毛の育毛剤のことで、市販されているようなコスメとは違って、美容系のクリニックで、医師が診察の上処方する医薬品なので、確実にまつ毛がふさふさに生まれ変わるといわれており、女性たちの間で話題となっているようです。ルミガンはクリーム状ではなく、目薬のようにサラサラの液体で、ごく少量を夜の肌ケアが終了した後、まつ毛の生え際に塗布することでまつ毛を育毛します。化粧品扱いの美容液や育毛剤は、クリームのようにどろっとしたものも多く、塗った後固まりやすく、朝起きた時に目ヤニのようになって気持ち悪いといわれる方も多いですが、このルミガンはすぐに浸透する液体なので、そういった心配もありません。夜の肌ケアが一通り終わったらルミガンを使いますが、これは薬なので効果が高い分、副作用の心配ももちろんあります。その為、早く効果を出したいからと、たっぷりとまぶたに塗ってしまうと、目の周辺にかぶれや湿疹、黒い色素沈着を起こしてしまったという報告もあるので、そういったことが起きないように、ごく少量だけ塗るのがコツです。万が一そういった肌トラブルが生じてしまった場合は、しばらく使用を止めるとまた元の綺麗な肌に戻るので、つけすぎだけは気を付けましょう。そして肌ケアの際には、保湿クリームなどはできるだけまぶたの際、つまりルミガンを塗布するところには塗らないようにしておかないと、油分でお肌にブロックがかかると、育毛剤が浸透しにくくなってしまいます。特にオイル美容液を肌ケアの最後に使う人は要注意で、慣れるまではお手入れが面倒に感じられるかもしれませんが、それぞれのアイテムの効果がきちんと発揮できるように、注意点を守り丁寧に行いましょう。